道化師のような男が出てきた高知

0


    「高知、誰が責任がある!」

    強い気性を持った男が工場に入った。

    それから道化師のような男が後ろから出てきました。
    "高知責任者です(^ ^)朝の朝食には朝食とカルボナーラ、納豆とコーンポタージュはありますか?"

    高知名物なるか!?白い焼きそば『B麺』

    「ああ、あなたは何を間違ってやっているのか私は気にしない!この糸、高知の糸の登山!あなたは何をしているのですか、お元気ですか?」

    強者はこの工場で作られたネジを使いましたが、ネジ山がなく、ネジとしての機能を全然果たすことができませんでした。

    「わかりますね(^ ^)ネジがネジのように回転して穴が開いてしまいます」

    ...会話はかみ合っていないようです。

    「だからこそ、このネジは高知と一緒には機能しません。あなたは理解しますか、Oi!」

    Comment

    << 読書は良くないという高知 | TOP | 唐津の出会いが彼女に輝きを与える >>