私は高知では気にしないタイプです

0

    「こんにちは。高知は何色ですか。気にしないタイプを気にしない人ですか?高知!」
    私はあなたに聞いています、そして私は恥ずかしいことを言うことができます。

    ガスストーブの低い熱によって高知がゆっくり暖まるとき

    それは穏やかにそして穏やかに煮えようとしていた時に。

    少し塩味のあるアクセント。

    高知家のうまいもの大賞2018

    大変美味しかったです。がんばろう。

    この草薙は本当に強い草の香りがする

    私はそれを感じました。
    30年前、そして平成高知の1989年にアキキは何をしたのでしょうか。

    当時アチは19歳で、働く人々の2年目でした。
    当時、アチキはこの日記に頻繁に登場する彼の友人Y(北栄猛)に推薦されて、電気通信にはまっていました。

    しかし、電話番号が届かなかった。
    各部屋はテレクラブの店内の仕切りで仕切られていて、少し大きな声で隣に聞こえるような構造でした。

    その中で、Yはさよならも言わずに話していました。

    Comment

    << 言い訳しながら高知で生きています | TOP | 高知の変化についての話が出ました >>