友達と高知で撮影します

0

    高知には存在しなかった友人、仕事仲間、知人がいました。

    とても楽しかったです。

    求人は、以前は人々が募集した仕事でした。
    高知の掲示板と無料のブログアカウントを使用した「チャット」のようなもの。

    私の夢では、自分で撮影し、友達と撮影します。
    仕事の合間に、私は軽い挨拶を交わし、すれ違いながら3人の人物を撮影しました。

    時間の面では、車とバスの交差点を通り過ぎるのはほんの一瞬です。
    しかし、高知は、最高のショットを狙う余裕がありました。

    私は知り合いでしたが、彼女は女子高生でした。
    私は私の夢の中で私の年齢を知りませんが、私は確信しています...私は10歳年下です。

    私は33歳で、大学生は知り合いだったとさえ言えませんでした。

    当時、私はビデオの目的がわからなかったが、交差点で「スーパーハード」を走らせていた場所だった。

    Comment

    << 男性も高知では笑っていました | TOP | 彼女は高知を走っている >>